6
point

元債務整理事務職員が教える、生活保護を利用する場合の債務整理・自己破産はどうなる

参照元を見る

2019-04-11 09:50:59 [NO:260] 75

たとえば病気や怪我をした場合、仕事を休む必要があるような場合があったり、場合によっては仕事を辞めざるを得なくなるような場合もあります。

雇用保険や傷病手当、障害年金などの対象になった場合にはなんとか生活ができるかもしれませんが、そういった保障が受けられなくなった場合には生活をしていくこともままならないことになります。

その場合には生活保護の利用を検討することにもなりますが、生活保護を受ける前に借入をしてしまった場合には、生活保護が債務整理にどのような影響をするのか、また逆の生活保護を受けていることが債務整理や自己破産とどのように関係してくるのでしょうか。



このページでは、生活保護と自己破産などの債務整理についての関係をお伝えします。


URL:https://okane-mikata.jp/?p=18879





▲ページトップへ