26
point

奨学金破産が急増/追い込まれる貸与者本人

参照元を見る

2019-01-29 10:56:42 [NO:206] 74

日本学生支援機構の奨学金返還者の自己破産件数が増加しています。機構によると、破産のために返済債務が免責となったのは、2012〜17年度で計1万8753件。16〜17年度は貸与者本人の破産件数が急増しており、経済理由で追い込まれる実態を色濃く反映しています。


高等教育機関(大学、短大、大学院、専門学校等)の学生の約3人に1人が機構の奨学金を利用しています。主な貸与理由は授業料の支払いや生活費。17年3月に貸与が終了した大学学部生の平均貸与額は、無利子枠で241万円、有利子枠で343万円です。


URL:https://blogos.com/article/353634/





▲ページトップへ